今、ゴルフが熱い!

2007年の5月、日本のゴルフ界にとてつもない巨星が誕生しました。
今更説明不要でしょう。
石川遼(いしかわりょう)くんです。
「マンシングウェアオープン KSBカップ」というプロのトーナメントに出場した当時アマチュアの石川遼くんは、最終日7打差を逆転しての優勝を記録。
日本最年少でのツアー優勝を飾り、あっという間に日本のゴルフ界の、そしてスポーツ界のスターダムに駆け上がりました。
当時は「ハニカミ王子」という愛称で呼ばれていましたね。

その後、2008年の1月にプロ転向を発表し、同年4月にプロゴルファー資格を獲得し、石川遼くんはプロの仲間入りをしました。
5戦連続予選落ちなど、プロの壁にぶち当たりつつも、その後着実に力をつけ、2008年11月にはプロ転向後初勝利を飾り、更には賞金1億円突破、年間賞金獲得額第5位、新人賞、ゴルフ記者賞、MIP賞とこの年の話題を独占。
圧倒的なまでの存在感を見せつけています。

そんな遼くんだけでなく、現在ゴルフ界はスターが沢山います。
男子プロでは、2008年度賞金王の片山晋呉さん、女子プロでは宮里藍さんや横峰さくらさん、上田桃子さん、古閑美保さんなど、数多くの有名プロがしのぎを削っています。

こういった沢山のプロが活躍した効果で、現在ゴルフコースにはこれまでとは比較にならない数のギャラリーが詰めかけています。
特に、遼くんの出場する大会のゴルフコースは、ギャラリーで埋め尽くされています。
ただ、こういったギャラリーのゴルフコースにおけるマナーの問題なども発生していて、全てが良い方向に向いているわけではないようです。

実際にゴルフをやってみよう

石川遼くんの影響で、現在ゴルフに注目する人が飛躍的に増えてきています。
テレビの視聴率もうなぎのぼりで、先日彼が出場した「日本シリーズJTカップ」の最終日には14.6%という、ゴルフ中継としては2000年以降最高の数字をたたき出すなど、ゴルフに対してかなりの関心が寄せられている事がわかります。
テレビでは物足りないと、ゴルフコースに足を運んでギャラリーとしてプロのプレーを見学する人の数も急増しており、まさに世間はゴルフブームといった様相を呈しています。

そういった流れもあり、現在ゴルフを始めようと考えている人がかなり多いかと思います。
実際、打ちっぱなしやゴルフコースで実際にゴルフをする、という人が増えてきているようで、各地のゴルフコースではかなり利用者が増えてきているとのことです。
これはもう完全にブームと言っていいかと思います。

そんなゴルフですが、このスポーツの大きな特徴として、これまで全くスポーツをしたことがないという方でも簡単に始められるという利点があります。
通常、スポーツというと、かなり若い時にやっておかないと上手くなれない、というイメージがあるかと思います。
また、体力面から、ある程度の年齢に達しているとプレーする事自体が困難というスポーツもあります。

例えば、バスケットボールやラグビーなどは、素人ができるスポーツではないと言えます。
バレーボールは、ママさんバレーに代表されるよう、ある程度高年齢の方でもプレーできます。
しかし、男の方はあまりその機会がないでしょう。
その逆で、草野球など男性は行いますが、女性はあまりプレイする機会はありません。
サッカーもかなり体力を使うので、素人には難しいスポーツです。

そこで、ゴルフです。
ゴルフは男女問わず、かなりの年齢に足していても始められるスポーツです。
ゴルフコースを歩く事で健康にも良いですし、そこまで本格的でなくても、打ちっぱなしでストレス解消もできますよ。

ゴルフってどういうスポーツ?

石川遼くんの名前を知らないという方は、もうほとんどいないのではないかと思います。
その一方で、ではその遼くんがやっているゴルフというものは、具体的にどんなスポーツなのかという事がわからない人も結構多いかと思います。
ある程度ぼやっとはわかっているけど、ルールなどはほとんど知らないという方がかなりいるようです。
ゴルフのルールは、それほど難しくはありません。
最低限の事は実際にプレイするしないに関わらず、覚えておいた方が良いでしょう。

まず、基本的にゴルフというのは、ゴルフボールを所定のホール、すなわち穴に入れるというスポーツです。
そのために使用するのが、ドライバーやアイアン、パターなどといったクラブです。
これらのクラブでボールを打ち、遠くのグリーンにあるホールにできるだけ少ない打数でボールを入れるというのが目的となります。

ゴルフコースを回る場合、通常はアウト9ホール、イン9ホールの合計18ホールでの争いとなります。
ゴルフコースを回るのはある程度しっかりスイングができ、ボールをちゃんと前に飛ばせるようになってからの方が良いでしょう。
ゴルフは危険な要素があるスポーツです。
打った球が前にいる人や見学している人に当たると、重傷を負わせる可能性もあります。
見当違いの方向にしか飛ばない状況でゴルフコースに出るのは危険なのです。
最初は「打ちっぱなし」という、ボールをクラブで打つ事だけをできる練習場があるので、そこで練習する事をお勧めします。

ゴルフの道具はどれくらいお金がかかる?

ゴルフを始めるに当たって、まず気になるのはお金の問題ではないでしょうか。
どのようなスポーツでも、お金はかかります。
例えば野球ならバットとグローブ、ボール、ユニフォーム、スパイクなど、意外と用具は多いですね。
ほとんど必要なさそうなサッカーでも、サッカーボールはもちろん、スパイクやユニフォームは必要です。
部活であれば遠征費用なども必要でしょう。

では、ゴルフの場合はどうなのでしょう。
ゴルフコースを回る場合にはかなりお金がかかる、という印象があるのではないでしょうか。
実際、ゴルフコースを回るのはかなりお金がかかりますし、ゴルフコースを回らなくても、まず道具の用意をするだけで結構な金額がかかります。

ゴルフ道具と言えば、当然最初に出てくるのはクラブでしょう。
このクラブに物凄くお金がかかるという印象がある人も多いのではないでしょうか。
確かに、プロのようにしっかり一式揃えるとなると、相当お金がかかります。
しかし、最初はそんなにしっかりと揃える必要はありません。
最初はドライバー1本、アイアン数本、パター1本で十分です。
これに、手袋とシューズ、キャディーバッグというクラブを入れる大きいバッグを加えれば、十分ゴルフは楽しめます。
これだけで、大体2~3万円といったところです。
リーズナブルとは言いませんが、それほど高い金額ではないと思います。
これだけ揃えば打ちっぱなしでボールを打つ事が可能です。

ゴルフ道具、特にクラブに関しては、乱暴に扱うと壊れてしまうので、必ず丁寧に使いましょう。

ゴルフの練習はどれくらいお金がかかる?

ゴルフ道具を揃える場合、最低2~3万円でどうにでもなります。
ただ、これが全ての費用というわけではありません。
ゴルフの練習をする為には、その場所を確保する必要があります。

と言っても、どこかの場所を貸しきるとか、そういう意味ではありません。
「打ちっぱなし」と呼ばれるゴルフ練習場に行く、という意味です。
最近、河川敷などでゴルフの練習をする大人が急増しています。
これは絶対に真似しないで下さい。
万が一、そういった場所で練習していてボールが通行人に当たった場合、傷害罪などの罪に問われます。
それ以前に、そういった場所で練習をするのは条例違反です。
必ず、ゴルフ練習場で練習を行うようにしてください。

ゴルフ練習場にいく場合、大体時間制の打ち放題になっています。
料金は練習場によりけりですが、目安としては2時間1,000円くらいと考えて良いかと思います。
玉数制限の場合もあるので、一概に1,000円あればいいというわけではありません。
ある程度余裕を持っておくと良いでしょう。
練習場の中には、カードを使用できるところもあるので、そういう場合は問題ないかと思います。

ゴルフコースを回るのと比較した場合、練習場の使用料金はかなり安いといえます。
とはいえ、ゴルフコースにはゴルフコースのよさがあるので、比較はできません。
ただ、まだ初心者の段階では、こういった練習場に通う事をお勧めします。
2時間で1,000円くらいなら、それほど高いというわけでもありませんよね。

ゴルフコースを回るのにはどれくらいお金がかかる?

最低限のゴルフ道具を揃えるのに、大体2~3万円。
週に一度練習場に通うとして、一月にかかるお金は4,000円程度。
これを一年続けると、5万円くらいです。
つまり、ゴルフを始める場合、最初の1年で6~7万円くらいかかると考えて良いかと思います。
もちろん移動にかかる費用など、その他雑費や、道具の欠損、故障なども考えられるので、実際にはもうちょっとかかるでしょう。
10万円くらいを見ておくといいのではないでしょうか。
金額だけ見ると高いと思われるかもしれませんが、ひと月に換算すると1万円を切っています。
十分お小遣いでできる範囲です。

そんなゴルフですが、では実際にゴルフコースを回るとなると、どれくらいの料金がかかるのでしょう。
まず、ゴルフコースと一言で言っても、その値段は相当幅があります。
それだけではなく、平日か休日か、あるいは時間帯によって料金が変動します。
その為、一概にこの値段とはいえません。

ただ、平日の場合、安いところであれば1万円以内でも回れるところはあります。
最近はリーズナブルな値段設定にしているゴルフコースも多く、そういったところを利用すれば、それほど高い料金を払わなくても大丈夫です。
もちろんプロのトーナメントが行われているようなコースの場合はそれなりに高い料金を取られるでしょう。

ただ、そういうコースはそれこそプロ並の腕を持たなければ、回る意味もあまりありません。
友達同士で回る場合はできるだけ安いコースを見つけるようにしましょう。
中には平日6,000円、休日1万円くらいのところもあります。
食事がついている場合もありますよ。

ゴルフコースを回るにはどれくらい時間がかかる?

実際にゴルフコースを回る場合、果たしてどれくらい時間がかかるものなのでしょうか。
打ちっぱなしであれば、1時間、2時間と時間単位で料金が決まっている事がほとんどで、それ以内の時間でやめても問題はありません。
一方のゴルフコースの場合、一人で回るにしてもキャディーさんがいますし、自分の都合だけでは時間短縮が難しいという性質があります。
それを踏まえた上で、実際にゴルフコースを回るとどれくらい時間がかかるかを検証していきましょう。

まず、ゴルフというスポーツはアウト9ホール、イン9ホールの計18ホールを回る事になります。
かなり長丁場となるスポーツです。
大体、一つのホールに10分強くらいはかかります。
もちろん、一緒にプレイする人数にも寄りますが、大体平均するとこのくらいでしょう。
これが9ホール続くと100分以上。
更に、移動時間を考えると、大体150分くらいはかかるのではないでしょうか。
2時間半ということです。
つまり、18ホール全てプレイするという事は、競技時間だけで5時間はかかるという事です。
これだけ時間を使うスポーツというのはまずありません。

しかも、この5時間という数字はあくまでもスムーズにいった場合です。
例えば、休日のゴルファーが込み合う時間帯の場合、先にプレイしている人達が遅れる可能性があります。
もちろん、ゴルフというスポーツは、前の組がまだグリーン上にいる状態でボールを打つ事は許されません。
前の組が終わるのを待ちます。
そうなると、更に時間がかかります。
年齢によっては、休憩時間もある程度長めに取らないといけません。
その為、結論を言えば、ほぼ丸1日かかると考えて良いでしょう。

パブリックコースとメンバーコース

ゴルフコースを回る場合、当然そのゴルフ場を利用するわけですが、例えばそのゴルフ場をホームページで検索した場合、「会員権」という言葉が目に付くかと思います。
この会員権とは一体何なのでしょう。
会員権とは、そのゴルフコースの会員になった人の持つ権利です。
つまり、会員制度の事ですね。
沢山のサービス業で取られている制度なので、難しい事はないかと思います。

この会員制、ゴルフコースにおいてはかなり重要で、中には会員登録されていないとお断りというゴルフ場もあります。
とはいえ、初心者の方はいきなり会員になる必要はありません。
会員になるには入会費が必要です。
ただ、それを払って得られる恩恵というのは、ある程度そのゴルフ場を長期的に利用する事が明確になってからです。
その為、まず自分がゴルフというスポーツに向いているかどうか、そのコースがあっているかどうかを見極めてから、会員制度を利用するのが望ましいでしょう。

多くのゴルフ場には、パブリックコースとメンバーコースがあります。
会員でなくても利用できるのがパブリックコースで、会員限定のコースがメンバーコースです。
会員でない場合はパブリックコースを利用する事になります。
このコースが格段にメンバーコースより劣るということはないので、問題なく利用できるかと思います。
ただ、メンバーコースの場合は、ある程度優遇されますし、休日でも込み合う事がないので、より快適にプレーする事ができるでしょう。
尚、ほとんどのゴルフ場においては、会員の紹介があれば会員権を持たなくてもメンバーコースを回る事ができます。

ゴルフコースを回る為には予約が必要

ゴルフコースを回る為には、色々と準備が必要です。
まず、最初に行うのは、ゴルフコースの選択です。
どのゴルフ場を利用するのかというのを決めない事には、何もできませんから。

初心者の場合は、地理的な問題が一番かと思います。
よほど値段的に差異がない場合は、最寄りのゴルフ場で問題ないでしょう。
ただし、休日は混む、難易度が高すぎるというゴルフ場を回避したい場合は、そこがどういったゴルフ場なのかという事をしっかり考える必要があります。

また、ゴルフコースを回る為には、そのゴルフ場に予約を入れる必要があります。
ゴルフ場の場合、いきなり訪れて回らせてくれ、では通じません。
他にも利用者がいるので、時間が重ならないようなタイムスケジュールをしっかり組む必要があるからです。
よって、コースを回る為にはあらかじめ予約をしなくてはなりません。
既に何度も利用している場合は電話一本で問題なくできるでしょうが、まだ一度もコースを回った事のない人は、どうすればいいか迷うところですよね。

そこでお勧めしたいのが、インターネット上のホームページの利用です。
ホームページにはゴルフ場の様々なデータや傾向が乗っている事もあるので、どういった人が利用しているゴルフ場かわかりますし、電話番号や住所もそこで調べられます。
更に、そのホームページ上で予約が可能です。

予約は必要事項を入力するだけなので、難しくはありません。
予約状況もわかるので、いつなら大丈夫というのも一目瞭然。
混み合っているかどうかもそれでわかります。
是非利用してみてください。

セルフプレー

ゴルフには、セルフプレーというものがあります。
初心者の方は、こういったプレーもあるということを覚えておくと便利かと思います。

ゴルフというのは通常、自分だけでは行いません。
キャディーさんがついてきます。
プロの試合を見たことがある人は分かるかと思いますが、キャディーさんはゴルフをプレイするにあたり、様々な役割を担っています。
クラブの入ったキャディーバッグを担ぎ、選手と共に移動し、選手の指示したクラブを差し出します。
グリーン上ではピンを抜いてパットを待ちます。
プロの場合、クラブの選択、パターのラインの読みなど、選手と共に行い、時に助言し、時に励まし、時に話し合って共にプレイするのがキャディーなのです。

そんなキャディーさんは、初心者の方にはとても重要な存在です。
マナーやクラブの選択など、様々な事をキャディーさんは教えてくれます。
ゴルフ場に関しては、キャディーさんが一番詳しいので、そのゴルフコースに関する情報を聞くには、キャディーさんに聞くのが一番なのです。

ただ、中には自分ひとりでゴルフコースを回りたいという人もいるでしょう。
そういう人向けのプレーが、セルフプレーと呼ばれる、一人でゴルフコースを回るプレーです。

このセルフプレーのメリットは、料金がやや安くなる点です。
キャディーを使わないので、当然その分の人件費が安くなるのです。
少しでも安くプレーしたい場合は、セルフプレーでもいいかもしれません。
ただし、初心者の方はできるだけキャディーさんと一緒に回った方が良いでしょう。